study

実践と更新あるのみ!登録販売者の知識を維持する方法

こんにちは。てていです(@tetei_p

平成23年(2011年)に私は登録販売者の試験を受け、無事合格できました。

緊張?楽しい?登録販売者試験私の場合登録販売者試験を受験し合格した私が覚えている限りの対策方をシェアしています。...

今回は、めでたく試験に合格した後も知識を維持していくために私がやっていることをシェアしていきたいと思います。

はじめに

私が勤務しているのは調剤薬局です。
ドラッグストアに比べてOTCの種類はそんなにたくさん置いているわけではありません。が、処方せんのお薬とは別に待ち時間の間にアレコレ気になることを尋ねて来られる方もいらっしゃいます。

たいしたことないと思うので病院の先生には言いづらくて・・・という方、家族の健康について聞きたいことがあるなど、ドラッグストアに来られる方とは品揃え、滞在時間などから状況が異なるかもしれません。

知恵袋を活用する

薬局に来られた患者さんの相談を受けるのは、まだ自信がないという頃に知恵袋で質問している人の相談にのるということをやってました。今でもときどきやっています。
ネットで顔が見えないからといっていいかげんなことは絶対言えません。
勉強で得たことをもとに調べていくうちに、さらに知識が上乗せされていけるようになりました。
質問内容にプラス養生訓などを添えてあげるとBA間違いなしですってこれ、なんだか知恵袋のノウハウみたいになってますけど違いますからね。BAもらえたら嬉しいですけど、あくまでも登録販売者のスキルアップのためですので

私が回答させていただいた例をいくつか挙げてみます

アイボンって本当は目に良くないの?

アイボンは私はあまりオススメしていません。絶対ダメというわけではありませんが、目を洗いたいという目的であれば人口涙液の『ソフトサンティア』をオススメしてます。

インフルエンザの後、咳がずっと続くんだけど・・・

インフルエンザの後、咳がなかなか治らないという人がおられます。
まず、どんな咳が出るのか、空咳か痰が混じったような咳か、頻発するのはいつか、どれぐらい続いているのか、これまで対処したこと(通院や服用歴)を聞いて判断します。

このときに質問された方は、空咳がずっと続いているとのことでした。
もしかして喋ったら出るのではありませんか?と聞くとまさにそうですとおっしゃったので、おそらく気管が敏感になっているのかもしれないと思い咳喘息かもしれませんと回答。
咳喘息は市販の薬は効かないので受診を勧めました

眠くなるので、風邪薬はなるべく飲みたくありません

風邪薬や花粉症の薬は眠くなる成分がふんだんに配合されてますので、ここはやはり漢方薬をオススメします。ただ水やお湯で飲むのではなくお湯に溶かしてゆっくり飲んでみてくださいと付け加えます。
当然おいしくはありませんが70ml~100ml程度の少量のお湯で飲むことで、血行が良くなり効き目も早いですよとアドバイスしました

風邪薬を飲んだら震えが出ました

具体的なお薬の名前を記載しておられたので調べてみると塩酸プソイドエフェドリンが主成分となっていました。
これはアドレナリン作動成分の中でも強めのものです。
めまいや動悸、震えなどが起きやすいので、服用中止をオススメしたところ震えが止まりましたとコメントをいただきました

これまで約40件ほどの質問にお答えし、35件のBAをいただいています。
ときどき薬に関してとてもナーバスになっていらっしゃる方に、さらにつっこんだ質問をされることもあり「えっっ・・・ちょっとまってー!(汗)」なこともあります。
でも、無理をして適当な回答は絶対やっちゃダメです。
そういうときは素直に「わかりかねます」や薬の名前がわかっているならば、製薬会社のお客様相談窓口へ尋ねていただいたり、受診するように促します。

そういうことをやっていると、実際薬局に来られた患者さんの対応も少しづつできるようになっていきました。

実践!薬局に来られた方の相談内容

過去、薬局に来られた方の相談と私の回答例をいくつか挙げてみます

経口補水液って喉が渇いたときに飲んでもいいんでしょ?

経口補水液は喉が渇いたときにガブガブ飲むものではなく、風邪や熱中症などで発熱したり吐き下しで体内の水分が失われているときにミネラルやナトリウムなどの電解質を補うためのもの。
飲料水代わりに飲んでいるとかえって体の水分不足を誘発してしまうことをお伝えし、常時の水分補給はスポーツドリンクやお茶などが最適だとアドバイスしました。

この経口補水液に関してはこういう勘違いをされている方が非常に多く、降圧剤などの薬を飲んでおられる方は塩分の摂りすぎが懸念されるので注意が必要だと思います

便秘がひどくて、病院の薬じゃ効きません

高齢の方でしたので、こちらで察するに腸の動きが弱ってきているのも原因の一つだと思いました。
なので、便秘薬だけではなく整腸剤も併せて服用されることをおすすめしてみました。ただ、ぶっちゃけ病院で処方してもらったほうが保険が効いて1割負担と安いので、便秘薬を処方してもらっているお医者さんに相談されては?とアドバイスしつつ、市販の便秘薬の試供品(2回分)をお渡ししました

目が乾燥しすぎてツライんです

特別目が疲れるようなことをしているとか心当たりがないというこの女性、眼科ではドライアイの目薬を処方してもらっていて、薬局でもソフトサンティアを購入して使っているそうですが、あまり変わらないので相談に来られました。

定期的に眼科を受診されているので、隠れた病気の面での心配はないでしょうとお伝えし、とにかく『まばたき』を意識するようにしてみては?とアドバイス。

スマホやPCを使う機会が増えたことから、まばたきをしているつもりでも、実際はきっちりと目を閉じたまばたきができていない人が最近多いんです。

あくびをすると目が潤うと思っている方もいますが、あくびで出る涙は水分量も多く確かに目が潤っているような感じがします。でも、この涙に含まれる油脂はわずかなもの。一方、まばたきは眼球を保護し、涙の蒸発を防ぎ乾燥から守ってくれる油脂成分がふんだんに分泌されています。意識してまばたきをしてみてくださいとお伝えしました

苦いお薬ってオブラートに包んで飲んでもいいんでしょ?

苦いお薬の名前を聞くとどうも漢方薬のよう。なんのお薬ですか?と尋ねると胃薬とのこと。漢方の胃薬は、その香りや苦みによって唾液の分泌を促すことで胃粘膜を保護するために配合されているものなので、オブラートでの服用はあまりお勧めしませんと伝えました

超!早引き 登録販売者「実務」ハンドブック

私が愛用している書籍です。登販向けの書籍は本当にたくさんあって迷います。あまりたくさん持っていても使わないので今はこれ一択です。この本の便利なところは『自分の薬局にある商品名を書き込むことができること』例えば胃薬であれば胸やけ、胃酸過多には○○。胃もたれ、消化不良には△△という書き込める表形式になっていて、そこに自分の薬局だったらコレという風に症状に適した商品名を書いておけば、対応もスムーズにできそうですよね。
小さめの辞書サイズで使いやすく、時間があればパっと開いて読んでいます。

してはいけないことや、販売事例、併用薬の注意点、ミニ知識、成分一覧表などコンテンツもたくさんあってオススメです

「かぜ薬」から「一般用検査薬」まで、31項目の医薬品をやさしく解説。症状に最適の医薬品がスグ探せる!ポケットサイズで持ち運びに便利

勉強会に参加する

最後に登録販売者として活動していくならこれは絶対必要なことでして、厚生労働省が通知する『登録販売者の資質向上のための外部研修』というのに毎年参加しています。

私が受講しているセミナーでは年に2回開催されていて、厚労省が毎年発表するガイドラインに基づいて行われ、2回とも出席すれば終了証がもらえます。
朝10時から夕方5時までと、わりとビッシリなスケジュールですが、興味深いお話も聞けて個人的には毎回楽しみにしています。

登録販売者として~私のアドバイス記録~資質向上研修2020前期登録販売者のワタクシ・てていが患者さんに実際に行ってきたアドバイス例の記録です。資質向上研修2020年 前期の内容にからめてシェアしています...
ちなみに昨年度のプログラムはこんな感じです

前期
『疲労と滋養強壮』と『漢方薬』(3時間40分)

後期
『高齢者のための技術と知識』(3時間40分)

前後期
『薬事行政情報』と『医薬品販売業に係る法規と制度』(2時間)

※私が受講しているところは最後に確認試験が20分ほどあります(合否判定はありません)

登録販売者になり、現場に立つようになって気づいたことは試験勉強の内容はあくまで基本的なことであって、実際その知識を生かすためには実践と知識の更新あるのみ!
患者さんに「いいことを聞いたわ」とか「今までそんなこと知らなかった!」などと言っていただけると嬉しいものです。微力ながらお役に立てているのかなあなんて思ったりもします。
私もまだまだ知らないことだらけ。患者さんに教えてもらうことも多く、日々が勉強です。
RELATED POST